爽やかな歌声が心地良い曽根由希江

曽根由希江

曽根由希江さんの曲で私がイチオシなのは、1枚目シングルの「ギンモクセイ」と一緒に収録されている「あおげばとうとし」です。
卒業シーズンにピッタリの曲です。
最近では卒業式の歌に芸能人の曲が取り入れられている学校も多いですよね。
例えばゆずさんの「栄光の架け橋」とか川嶋あいさんの「卒業」なんかも卒業式に使われる曲として有名ですよね。
曽根由希江さんの曲もそのうち卒業式に導入されるのではないでしょうか。

 

そんな曽根由希江さんですが、東京都出身で1985年4月27日生まれのO型です。
2010年に歌手としてデビューしました。
シンガーソングライターとして名を馳せている彼女ですが、もともとはTBS系列の「王様のブランチ」で2007年からブランチレポーターとして活躍するようになりました。
時を同じくしてbeyfmの「YAMAMAN presents MUSIC SALAD FROM U-kari STUDIO」で週に2回月曜日と木曜日にラジオDJとしても活躍していたことで人気を博しました。
同番組での任務を終えて「曽根由希江のsongS one」というラジオ番組をスタートさせたことで更なる人気を獲得しました。
近頃はラジオDJとして大いに活躍しています。
有名なのは文化放送「リッスン??Live 4Live?」というラジオ番組で、木曜日にDJとして出演していらっしゃいます。

 

シンガーソングライター、曽根由希江さんの曲で有名なのは1枚目シングル「ギンモクセイ」ですが、それ以上に「君のとなりに」という3枚目シングルもかなり人気がありますよね。
曽根さんの曲は、どちらかというと爽やかな雰囲気の曲が多くて聴いていてうっとりしてしまいます。
歌声もすごく柔らかくて歌に聴き入っていると思わず涙がこぼれそうになるほどです。
これからの数々の名曲が期待される曽根由希江さんにこれからも期待したいと思います。
まだご存知ない方は是非携帯音楽として取り入れて頂きたいと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ