名曲揃いの歌姫 宇多田ヒカル

宇多田ヒカル

彼女がきっかけで、たくさんの音楽を聞くようになった。そんな人はたくさんいるでしょう。
そのデビュー当時から、爆発的な人気を誇り、今では世界の注目をその一身に集めるアーティストとなっているのが、彼女、宇多田ヒカルです。
1998年、10代も半ばの宇多田ヒカルがデビューしたとき、日本中が彼女の歌唱力に驚き、圧倒され、そして聞き入りました。
歌詞を書き、曲を書き、それを自分で歌う。10代の少女がそれをこなすだけで十分すごいと言えますが、その作品たちは当時の音楽界に新しい風まで巻き起こしました。
こうしてデビュー曲で異例のミリオンセールを果たした宇多田ヒカルは、一躍スターへの階段を駆け上がり、音楽を語る上で外してはならない存在となったのです。

 

宇多田ヒカルが日本に巻き起こした旋風。
彼女の歌が人々を惹きつける魔力を持っていた、その理由の中には、彼女がアメリカ出身であることも関係しているのでしょう。
彼女の作り出す歌は、日本語のものでありながら、どこか洋楽のような雰囲気を持つ鮮烈なメロディーばかり。
幼い頃から触れてきた様々な文化が、彼女の音楽を豊かにしていったのかもしれません。

 

宇多田ヒカルは、「traveling」、「光」など、多くの名曲によってその存在感を確かなものにしました。
彼女の曲をメールや電話の着信メロディーに設定しているのですが、聞いた友達は皆「その曲、宇多田ヒカルだよね?」と聞いてきます。
それほどに多くの人に知られていて、今でも愛されているんだなあ、とファンとして嬉しくなってしまいます。
現在は活動を休止している宇多田ヒカル。
復帰したときには、あの素晴らしい歌声を聞かせてくれることを願いながら、彼女の曲を聞いています。


ホーム RSS購読 サイトマップ