クラシックの病理

平らなクラシックが分からない?

 それでは何故、現在のクラシック界に君臨するお偉方が、自身が世に送り出す音楽が「平らである」と認めないのでしょうか?その理由は簡単です。平らな世界の中だけに住む人間に、自身が平らな世界に居る事実が、見える筈もないからです。自身が平らな世界に居たのだと気が付くのは、その平らな世界を抜け出した後に、外側からかつて居た平らな世界を見た時だけです。

 

そしてこの現象は、かつて平らな奏法の流派が主導権を得て、正統派の地位に就いた出来事に端を発します。従って、19世紀に正統派に就いた平らな奏法の流派の末裔である以上、現在のお偉方が平らな奏法の普及を図るのは、極めて当然の行為なのです。

 

 その結果、現在盛んに繰り広げられているコンクールは、「平らな奏法が正しい」との基準に則って実施されています。稀に、波打つ奏法の才能溢れる演奏家が登場すれば、皆で寄ってたかって「品がない」等の的外れな因縁をつけて、その奏法を即座に捨てる様に説いて聞かせます。

 

具体的には「その奏法を二度としないと約束したら、楽壇でやって行ける様に面倒を見る」という類の、個別の面談がなされる事例もあります。こんな目に遭えば、背に腹は代えられないとばかり、生活の為に権威を得る為に、平らな奏法に鞍替えする人が、続々と現われるのも無理はありません。

 

 然しながら、霊感を授かりながら芸術を創造する人間に、そんな権威の餌が通用するでしょうか?本能的にその表現しか出来ない人間に対して、矯正をと称して初歩的な表現を押し付ける行為、その行為の愚かさを思い知るべきです。

 

クラシックに興味のない皆さんも一度、着うたフルでクラシックをダウンロードして、筆者の話の通りかどうか、試聴されては如何でしょうか?

 

 

記者:ヒビキ カオル(響 馨)


ホーム RSS購読 サイトマップ